2018年11月12日

魚介豚骨 中華そば湯元さんで特製中華そばを食べてきたよ!浅草開花楼のもっちり麺と正統派な魚介豚骨スープのまさにハーモニー


金町駅近くの水戸街道(国道6号線)沿いは、複数のラーメン店が並ぶ、激戦区。その中にある、中華そば湯元さんでランチしてきましたよ。

スポンサードリンク

アクセス 中華そば 湯元

場所はこちら。金町駅南口から徒歩で約5分ほどの所になります。

水戸街道沿いにあります。

魚介豚骨の中華そばとつけ麺がメインのお店です。

今回は特製中華そば、1,000円をお願いしました。

つけ麺注文の人には、焼石投入のサービスがあるそうです。いつまでもアツアツでいただけるのは素晴らしいですね。

つけ麺は150g〜620gまで6段階の量から選ぶ事ができます。ちなみに冷やもりとあつもり両方に対応しています。

トッピングや、ライス、丼、おつまみものも充実しています。

中華そばは太麺ちぢれ麺か中太ストレート、どちらか選ぶ事ができます。今回は、太麺ちぢれ麺をお願いしました。

横の壁にふと目をやると「浅草開化楼」の文字が!!!

これは期待が膨らみます!

カウンターのみ5席となっています。座って左側の壁にテレビが備え付けてあります。

カウンターには味が濃くなるタレ、七味唐辛子、おろしニンニク、ゆずの華(ゆずの皮の粉末)、胡椒、お酢、魚粉がありました。

特製中華そば

来ました〜、こちらが特製中華そば1,000円です。

トッピングはネギ、煮豚3枚、ワンタン2個、味玉1個、のり3枚とボリューム満点。

スープは魚介の出汁がたっぷりと出ている、正統派な魚介豚骨。

非常に濃厚ですが、油は少なめなので、見た目よりもスッキリとした口当たりです。

出ました!浅草開化楼の太麺!!もっちりとしてコシもあって最高です。しかも濃厚な魚介豚骨のスープに負けずにしっかりと小麦の風味が感じられます。さすが浅草開化楼ですね。

これは是非是非つけ麺も食べてみたいですね。

ちなみに本場北海道の西山製麺の麺を使った、濃厚魚介味噌ラーメンというのもあって、こちらも非常に気になります。

夜遅くまでやっているので、飲んだ後の締めの一杯にもオススメです。

ごちそうさまでした!

中華そば 湯元 店舗情報

  • 東京都葛飾区金町5-25-13
  • 営業時間【ランチ】:午前11時30分〜午後2時
  • 営業時間【ディナー火・水】:午後7時30分〜深夜0時
  • 営業時間【ディナー金・土】:午後7時30分〜深夜1時
  • 営業時間【ディナー日・祝】:午後7時〜深夜0時
  • 定休日:月曜日・木曜の夜

▼こちらの記事もオススメ


この記事はどうでしたか?

是非、Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を発信しています。

フォロワーが増えると編集部もさらにやる気が出てきます。またリアルのお友達にも広めてくれるとさらにうれしいです。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

葛飾つうしんとは?

ようこそ!葛飾つうしんへ!このブログは、東京都葛飾区の地域情報を発信しています。普通のメディアでは取り扱わないようなマニアックなニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などを日々更新中です!

隣接する区外のネタも扱っていますよ!
ブログ更新通知アカウント

月別