2018年12月18日

大相撲の九重部屋が葛飾区に移転、2020年を予定、場所は奥戸1丁目

カテゴリ: 話題 ニュース
タグ:

大相撲の九重部屋が葛飾区に移転する事がわかりました。

※写真はイメージです。

スポンサードリンク

ニュースの詳細

大相撲九重部屋、葛飾区に移転へ 2020年予定

大相撲の九重部屋(東京都墨田区石原4丁目)が2020年秋に葛飾区内に移転することになった。区有地を提供する東京都葛飾区が22日、発表した。区は、稽古見学や力士の地域活動への参加などで地域活性化につながると期待している。

相撲部屋の誘致としては柴又2丁目に移転した東関部屋に続いて2例目となります。

九重部屋には奥戸1丁目の区有地を有償で50年間貸し出す方針です。

アクセス 奥戸1丁目

相撲部屋の稽古風景などが、外国人観光客の観光スポットして注目を集めています。オリンピックイヤーに合わせて、地域活性化につながるといいですね。


この記事はどうでしたか?

是非、Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を発信しています。

フォロワーが増えると編集部もさらにやる気が出てきます。またリアルのお友達にも広めてくれるとさらにうれしいです。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

歯科衛生師 マネージャー

葛飾つうしんとは?

ようこそ!葛飾つうしんへ!このブログは、東京都葛飾区の地域情報を発信しています。普通のメディアでは取り扱わないようなマニアックなニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などを日々更新中です!

隣接する区外のネタも扱っていますよ!
ブログ更新通知アカウント

月別