2017年2月22日

新小岩にイムス東京葛飾総合病院が2017年5月1日にオープンします、救急医療に対応した医療機関が松上小学校の跡地に開設!


葛飾区西新小岩4丁目に医療法人社団明芳会・イムス東京葛飾総合病院が2017年5月1日オープンします。

スポンサーリンク

アクセス イムス東京葛飾総合病院

新病院の場所はこちらになります。JR新小岩駅北口より徒歩7分、近くには区立新小岩中学校があります。

ここには以前、区立松上小学校がありました。松上小学校は新小岩中学校の隣へ移転し、小学校の跡地を利用して医療機関の建設が進められています。

↓蔵前橋通りの陸橋からみた病院外観

葛飾区の抱える課題

葛飾区では2012年(平成24年)区内医療環境充実のための調査を行い、次の課題があることが判明しました。

  • 葛飾区の人口10万人あたりの病床数が東京都の平均値や近隣でもあり同じ二次保健医療圏に属する足立区、荒川区と比べると少ない
  • 葛飾区内の南部地域(新小岩・奥戸)では病院が少なく救急対応できる急性期病院がない
  • リハビリテーションや療養病床数など高齢者に関わる医療体制の整備も東京都全体や足立区、荒川区と比べると不十分

※参照リンク:葛飾区公式サイト「病院誘致に関するこれまでの経過」

今後高齢化がさらに進むことが予想されるため、区内の医療環境の向上を図る一環として民営の病院を小学校跡地に誘致することになったそうです。

2016年1月より工事開始、5月に開院予定

新病院の建築工事は2016年1月から始まり、先日イムズ東京総合病院の公式サイトが更新され、オープン日が2017年5月1日であることがわかりました。

心臓疾患や脳疾患・消化器疾患など、緊急手術が必要とされる診療科を充実させ、急性期に対応した総合病院になるようです。

イムス東京葛飾総合病院は地上9階建て、病床数は約200ですが、将来的には300以上に増やす計画もあるとのこと。

診療科目は次の通りです。

内科、循環器内科、消化器内科、外科、心臓血管外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、皮膚科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科、救急科

救急医療にも力を入れ、最新医療機器も導入されるということで期待の大きい病院ですね。

総合病院というとたくさんの患者が来て診察までに何時間も待つのが私のイメージですが、こちらの病院ではどうなるでしょうか。

予約や待ち状況を確認できるシステムや待ち時間にくつろげるカフェスペースも充実してもらいたいですね。

尚、オープニングスタッフを大募集中です。詳しくはイムス東京葛飾総合病院の公式サイトをご確認ください。

イムス東京葛飾総合病院 施設概要


この記事はどうでしたか?

是非、Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を発信しています。

フォロワーが増えると編集部もさらにやる気が出てきます。またリアルのお友達にも広めてくれるとさらにうれしいです。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー
さいたまインプラントセンター

葛飾つうしんとは?

ようこそ!葛飾つうしんへ!このブログは、東京都葛飾区の地域情報を発信しています。普通のメディアでは取り扱わないようなマニアックなニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などを日々更新中です!

隣接する区外のネタも扱っていますよ!
ブログ更新通知アカウント

人気ランキングトップ10

カテゴリ別