2017年5月25日

全国に広がる公立図書館の図書切り取り事件、葛飾区の中央図書館でも確認


全国に広がる公立図書館の図書切り取り事件ですが、葛飾区の中央図書館でも図書が切り取られている事が分かりました。

スポンサーリンク

事件の詳細

図書“切り取り”355冊被害 さらに増える可能性も(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

東京・葛飾区の中央図書館で17日、区立小学校の記念誌4冊の集合写真などが切り取られていたことが分かりました。警視庁が器物損壊事件として調べています。

日本図書館協会によりますと、全国の公立図書館で学校史などを切り取られる被害は、少なくとも27都道府県で355冊、2482ページに上ることが分かりました。切り取られた時期などは分かっていないということです。まだ調査結果が出ていない自治体も多く、被害はさらに増える可能性があります。

アクセス 中央図書館

葛飾区立中央図書館はこちら。

金町駅南口、京成金町駅改札を出てすぐの、ヴィナシス金町ブライトコートの3階になります。

被害は全国に広がっているという事ですが、同一犯が全国の図書館を渡り歩いているのでしょうか。

もしかしたら最初の事件を発端とした、模倣犯が広がっているのかもしれません。

公立図書館の図書は私達市民の財産です。やめていただきたいですね。


この記事はどうでしたか?

是非、Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を発信しています。

フォロワーが増えると編集部もさらにやる気が出てきます。またリアルのお友達にも広めてくれるとさらにうれしいです。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー
さいたまインプラントセンター

葛飾つうしんとは?

ようこそ!葛飾つうしんへ!このブログは、東京都葛飾区の地域情報を発信しています。普通のメディアでは取り扱わないようなマニアックなニュース・イベント・グルメ・お店の開店閉店情報などを日々更新中です!

隣接する区外のネタも扱っていますよ!
ブログ更新通知アカウント

人気ランキングトップ10

カテゴリ別